田中明人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 明人(たなか あきと、1960年11月28日 - )は、藤沢薬品工業兵庫医療大学(薬学部、創薬化学教授)に所属する創薬化学者[1]。創製した生理活性物資として、FK633[2](血小板凝集抑制、P2Aで開発中断)、FR122047[3](選択的COX1阻害剤、胃腸障害の少ない血小板凝集阻害剤として合成されたが、前臨床段階で開発中断)、DCP-LA[4]、HUHS015[5](PCA-1阻害薬)などがある。また、開発に関与した医薬品としてロミデプシン(romidepsin)があるが[6]、当該医薬品の創製には貢献していない。ハーバード大学留学時代S.L.Schreiber教授に触発され、アフィニティ樹脂に関する基礎検討を行い[7][8]、化学的に安定で非特異的タンパク質吸着の少ない樹脂を開発している[9]。また、兵庫医療大学転出後は、製薬企業と協力し開発薬などのターゲット探索およびメカニズム解明[10]をアフィニティ樹脂技術を活用し貢献している[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 田中明人 (2011). “21世紀の化学の夢 医薬デザイン”. 学術の動向 5. 
  2. ^ A.Tanaka et.al. (1996). Bioorg. Med. Chem. Lett. 63: 1443-8. 
  3. ^ A. Tanaka et. el. (1994). J. Med. Chem., 37: 1189-99. 
  4. ^ A.Tanaka , T.Nishizaki (2003). Bioorg. Med. Chem Lett. 13: 1037-40. 
  5. ^ Nakao, et. al. (2014). Bioorganic & Medicinal Chemistry Letter. 24: 1071-74. 
  6. ^ R. Furumai, A. Matsuyama, N. Kobashi, K. H. Lee, M. Nishiyama, H. Nakajima, A. Tanaka, Y. Komatsu, N. Nishino, M. Yoshida, S. Horinouchi. (2002). “FK228 (depsipeptide) as a natural prodrug that inhibits class I histone deacetylases.”. Cancer Res. 62(17): 4916-4921. 
  7. ^ T. Tamura, T. Terada, A.Tanaka. (2003). “A Quantitative Analysis and Chemical Approach for the Reduction of Nonspecific Binding Proteins on Affinity Resins.”. Bioconjugate Chem. 46: 1222-30. 
  8. ^ M. Furuya, M. Haramura, A.Tanaka. (2006). “Reduction of Nonspecific Binding Proteins to Self-assembled Monolayer on Gold Surface.”. Bioorg. Med. Chem. 14: 537-43. 
  9. ^ AquaFirmus”. 2018年11月13日閲覧。
  10. ^ Uehara et. al. (2017). Nature Chemical Biology 13: 675-680. 
  11. ^ アフィニティ樹脂 基盤技術紹介”. 2018年11月20日閲覧。