田中千齢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
田中 千齢
時代 幕末
生誕 天保6年(1835年
死没 慶応2年(1866年
改名 小三郎(固三郎)・六太郎(通称)、千里・千齢(名)
別名 士驥[1]・子寿(字)、剛堂(号)[2]
戒名 深諦院善誉剛堂居士
幕府 江戸幕府佐渡奉行所
氏族 甲斐源氏佐渡田中家
父母 田中葵園、酒匂かつ
兄弟 田中千秋藤木実斎

田中 千齢(たなか ?)は幕末佐渡奉行所地役人。佐渡田中家13代。

経歴[編集]

天保6年(1835年)田中葵園の三男として生まれた[2]。幼名は小三郎[2](固三郎[3])、初名は千里[4]弘化2年(1845年)死去した父の遺言状では、養家の当てもなく、他業も務まりそうにないので、仙田平蔵を頼ってその菩提寺沢根専得寺で出家するよう命じられている[3]

嘉永2年(1849年)学問所見習、嘉永3年(1850年)金蔵役、次いで米蔵役[5]安政2年(1855年)[5]長兄田中千秋の跡を継いで六太郎と改称し[2]、銀山番所役、銅稼掛、穿鑿掛等を歴任し、慶応2年(1866年)32歳で死去した[5]。法名は深諦院善誉剛堂居士[5]

遺稿[編集]

  • 「甲斐源氏田中家譜草稿」(文久元年(1861年))[6]
  • 「見聞雑抄」[7]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤 2003, p. 4.
  2. ^ a b c d 田中 1931, p. 25ウ.
  3. ^ a b 佐藤 2003, pp. 35-36.
  4. ^ 萩野 2003, p. 64.
  5. ^ a b c d 佐藤 2003, p. 20.
  6. ^ 佐藤 2003, pp. 6-7.
  7. ^ 資料目録 2003, p. 99.
  8. ^ 児玉 2003, pp. 30-31.
  9. ^ 岩木 1927, p. 320.
  10. ^ 児玉 2003, p. 35.
  11. ^ 田中 1931, p. 28ウ.

参考文献[編集]

  • 「葵園先生年譜」『葵園遺稿』 田中完三1931年9月
  • 佐藤利夫 「佐渡田中家の系譜」『地役人の系譜 田中葵園資料寄贈記念展報告書』 相川郷土博物館2003年3月
  • 児玉信雄 「田中葵園(従太郎)の業績」『地役人の系譜 田中葵園資料寄贈記念展報告書』 相川郷土博物館、2003年3月
  • 「資料目録」『地役人の系譜 田中葵園資料寄贈記念展報告書』 相川郷土博物館、2003年3月
  • 岩木拡 『相川町誌』 相川町役場、1927年7月NDLJP:1173593/170
  • 萩野由之 『佐渡人物志』 佐渡郡教育会、1927年10月NDLJP:1188906/43