田中千代美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 千代美
Chiyomi Tanaka
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1961-05-07) 1961年5月7日(57歳)
出身地 新潟県 岩船郡 神林村(現:村上市
ラテン文字 Chiyomi Tanaka
身長 172cm
体重 58kg
血液型 O型
選手情報
愛称 チヨ
ポジション MB
指高 223cm
利き手
スパイク 285cm
ブロック 283cm
テンプレートを表示

田中 千代美(たなか ちよみ、1961年5月7日 - )は、日本バレーボール指導者、元選手。

来歴[編集]

新潟県岩船郡神林村(現:村上市)出身。村上女子高校卒業後、1980年日本電気バレーボール部に入部。1984年から1986年までチーム主将を務めた。

センタープレーヤーとしては低身長だがブロックを得意とし、在籍10シーズンで日本リーグ歴代3位の通算ブロック決定本数をマークした[1]

1990年に現役引退。1992年、実業団の北越銀行(本店:長岡市)バレーボール部創部と同時に監督に就任し、1998年チームをV1リーグ(現:チャレンジリーグ)昇格に導いた[2]

1999年に北越銀行バレーボール部が休部(廃部)になったことに伴い、選手の新たな受け皿として地域バレーボールクラブのベスビアス長岡(現:ベスビアス新潟)を結成した。現在は長岡市バレーボール協会に所属し、同チームの監督を務めている[3][4]

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
村上女子高校日本電気 (1980-1990年)
  • 指導者歴
    • 北越銀行 監督(1992-1999年)
    • ベスビアス長岡/ベスビアス新潟 監督(1999年-)

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 1996年1月号臨時増刊 「第2回Vリーグ観戦徹底ガイドブック」(日本文化出版社刊)
  2. ^ 長岡市立西中学校「学校だより」 (PDF)
  3. ^ スポーツダイジェスト長岡 (PDF)
  4. ^ 第1回全国6人制バレーボールリーグ総合優勝大会・試合結果 (PDF)

関連項目[編集]