田中伸幸 (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中伸幸(たなか のぶゆき、1971年 - )は日本植物学者である。種子植物の系統分類・地理学的研究。東南アジア大陸部における植物誌研究を専門とする。

東京都に生まれた。1997年、日本大学農獣医学部の修士課程を卒業後、東京都立大学大学院理学系研究科で博士課程終了。2001年から高知県立牧野植物園 研究・教育普及部の研究員となった。日本大学生物資源科学部非常勤講師、高知大学理学部客員准教授なども務める[1]

シュウカイドウ科Begonia hayamianaBegonia kachinensis、や カンナ科Canna discolor var. rubripunctataCanna stenanthaCanna tulianensisラン科Dendrobium koyamaeなどを記載した[2]

Nob.Tanakaは、植物の学名命名者を示す場合に田中伸幸 (植物学者)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

  1. ^ 国立科学博物館、公益財団法人高知県牧野記念財団の講演会、講師略歴
  2. ^ IPNIの田中伸幸の記載した種のリスト