シュウカイドウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュウカイドウ科クロンキスト体系
Begonia CorallinaHybrids PresidentCarnotInflorescenceA.jpg
Begonia corallina f.'President Carnot'
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: スミレ目 Cucurbitales
: シュウカイドウ科 Begoniaceae
学名
Begoniaceae
C.Agardh (1824)

本文参照

シュウカイドウ科(秋海棠、Begoniaceae)は双子葉植物のひとつで、ベゴニアなどを含む、球根性の草本が多い。2-5およそ1000-1400がある。は左右非対称、子房下位で、果実には3翼があり、種子は1mlあたり数千粒もある微細種子である。

分布[編集]

旧熱帯新熱帯双方の、亜熱帯から熱帯に広く分布しており、多様性の中心はアメリカ熱帯である。

分類[編集]

2属とするときには、シュウカイドウ属 (Begonia) とハワイ固有Hillebrandiaにする。 5属にするときには他にSymbegonia, Begoniella, Semibegoniellaを認める。

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではウリ目に属する。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではスミレ目に属させるが、ウリ科もスミレ目に属しているので、ウリ科との近縁性はAPG体系と同様である。

利用[編集]

ベゴニアは、種間雑種ができやすく、四季咲きベゴニア球根ベゴニアレックスベゴニアなど多彩な栽培品種が作出されている。

シキザキベゴニア球根ベゴニア木立性ベゴニアクリスマスベゴニアレックスベゴニア抔、多くの系統がある。

植物体にはシュウ酸を含むため一般には食用にされないが、なぜか「美味な」という意味のdeliciosa、「食べられる」という意味のedulisと種小名がついたものがある。

外部リンク[編集]