生田清三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生田 清三郎(いくた きよさぶろう[1] / せいざぶろう、1884年明治17年)1月13日[2] - 1953年昭和28年)11月7日[1])は、朝鮮総督府官僚

経歴[編集]

徳島県名西郡石井町に坪井定三郎の三男として生まれ、生田彦平の養子となった[2]徳島中学校を経て[1]1905年(明治38年)、中央大学を卒業し、高等文官試験弁護士試験に合格した[2]統監府属、朝鮮総督府事務官殖産局水産課長、同商工課長、監察官平安北道知事などを歴任した[2][3]1925年大正14年)に内務局長に就任し、中枢院書記官長と日本赤十字社朝鮮総督府副総長を兼ねた[2]

1929年(昭和4年)に退官した後は、多獅島鉄道株式会社社長に就任した[4]

1945年(昭和20年)には京城府尹、京畿道知事を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『徳島県歴史人物鑑』38頁。
  2. ^ a b c d e 大衆人事録 1930.
  3. ^ 阿波人物鑑 1928.
  4. ^ 人事興信録 1943.

参考文献[編集]

  • 『御大典記念 阿波人物鑑』徳島日日新報社、1928年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版(下)』人事興信所、1943年。
  • 『徳島県歴史人物鑑』徳島新聞社、1994年。