生田あい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生田 あい(いくた あい)は、日本の学生運動家社会運動家大阪府出身[1]

経歴[編集]

1967年に入学した立命館大学で学生運動に関わり、70年安保闘争に参加[1]。その後も共産主義者同盟 (赫旗派)議長、「共産主義者の建党協議会」全国調整委員を務める等、社会運動家として活動している。

1999年に結成された共産主義協議会・未来(コム・未来)の事務局長、2008年に結成された新党準備会「革命21」でも事務局長に就任した。

いいだももとも親交があり、彼の追悼文を革命21機関紙『コモンズ』に発表した[2]

著書[編集]

  • 『女たちのローザ・ルクセンブルク-フェミニズムと社会主義』 社会評論社、1994年(田村雲供との共編著)。
  • 『共産主義者、奔走す-「二十世紀社会主義」大崩壊のなかでの建党協議会の挑戦』 論創社、1999年(編著)。
  • 『誤謬-党と国家一体化の「神話」』 論創社、2001年。
  • 『新コミュニスト宣言-もうひとつの世界もうひとつの日本』 社会批評社、2003年(いいだもも・仲村実との共編著)
  • 『検証党組織論-抑圧型から解放型への組織原理の転換』 社会批評社、2004年(小西誠他との共著)。
  • 『検証 内ゲバ-日本社会運動史の負の教訓』(part1・part2)社会批評社、2001年(いいだもも他との共著)。
  • 『検証 内ゲバPART2-21世紀社会運動の「解体的再生」の提言』 社会批評社、2003年(いいだもも他との共著)。
  • 『検証 党組織論-抑圧型から解放型への組織原理の転換』 社会批評社、2004年(小西誠他との共著)。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『誤謬 党と国家一体化の「神話」』著者紹介
  2. ^ 追悼 いいだももさん、コモンズ36号

外部リンク[編集]