理論物理学教程

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
理論物理学教程
Курс теоретической физики
著者 L・ランダウ (1–3・5–9巻)
E・リフシッツ (1–10巻)
V・ベレステツキーロシア語版 (4巻)
L・ピタエフスキー (4・8–10巻)
発行元 ロシアの旗 Физматгиз / Физматлит / Наука
アメリカ合衆国の旗 Addison–Wesley
イギリスの旗 Pergamon Press / Butterworth–Heinemann
日本の旗 岩波書店 / 東京図書
ジャンル 教科書理論物理学
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
言語 ロシア語
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

理論物理学教程』(りろんぶつりがくきょうてい、: Курс теоретической физики; : Course of Theoretical Physics)は、レフ・ランダウエフゲニー・リフシッツおよびレフ・ピタエフスキーロシア語版らによる物理学の教科書。

概略[編集]

ランダウ=リフシッツの理論物理学教程[1]』とも呼ばれる。様々な言語に翻訳されており、標準的な教科書として使用されている。日本では個々の巻を指して「ランダウの力学」「ランダウの統計」などと称されることが多い。「ランダウの〜」と呼ばれるものの文章を書くことが不得手であったランダウに代わり実際に『教程』を執筆したのはリフシッツである。リフシッツはランダウが交通事故に遭遇した時点で未完だった10巻のうち3巻をピタエフスキーに協力を仰ぎつつ『教程』を完成させた。『教程』が全巻完結した後も最新の知見を盛り込むなど改訂を続け、個々の巻は初期の版に比べ大幅にページ数が増加している。

  1. 力学(第3版)
  2. 場の古典論(第6版, 日本語版書名は場の古典論―電気力学,特殊および一般相対性理論)
  3. 量子力学(第3版, 日本語版書名は量子力学―非相対論的理論)
  4. 量子電気力学(第2版, 日本語版書名は相対論的量子力学)
  5. 統計物理学(第3版)
  6. 流体力学(第3版)
  7. 弾性理論(第4版)
  8. 媒質中の電気力学(第2版, 日本語版書名は電磁気学)
  9. 量子統計物理学
  10. 物理学的運動学 (日本語版書名は物理的運動学)

日本語版の第5、9巻は岩波書店、それ以外は東京図書刊。現在、第3巻(日本語版は1,2に分かれる)、第4巻(日本語版は1,2に分かれる)、第6巻(日本語版は1,2に分かれる)、第7巻、第8巻(日本語版は1,2に分かれる)、第10巻(日本語版は1,2に分かれる)は絶版状態である。

内容の肥大化した『教程』のうち1巻から5巻に相当する部分はランダウの構想のもとに物理学を専門に学ぶのでない人たちも物理学全般の知識を得られるよう企画された『小教程』があり、日本語訳は『力学・場の理論』『量子力学』としてちくま学芸文庫から発行されている。

参考文献[編集]

  • Pedagogy and the Practice of Science: Historical and Contemporary Perspectives. Cambridge, MA, USA: MIT Press. pp. 253–286. ISBN 9780262112888.

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Landau and Lifshitz: Course of Theoretical Physics: reviews”. www-history.mcs.st-and.ac.uk/. 2019年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]