王冠 (栓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栓としての王冠
裏面の形状
使用している例

王冠(おうかん)とは、を密封するための

1892年アメリカウィリアム・ペインター英語版により発明された。金属製の本体の側面に21本の溝が刻まれており、溝の上部が瓶の飲み口部の膨らみに噛み合い密閉される。瓶の飲み口部と王冠の寸法は規格化されており、口径は27mm、王冠の高さは5.97mmとなっている。本体の裏側にはパッキンが貼り付けられており、瓶の飲み口部に密着することで密封度が保たれる。パッキンには、コルクシート、PVC樹脂など様々な素材が利用されるが、現在ではほとんどの物がポリエチレン樹脂を用いている。

日本での歴史は、1900年東京麦酒(前身は桜田麦酒で、後に大日本麦酒に吸収される)が利用したのが最初であるといわれている。

コレクションの対象物となることもある。語源は、西洋の王冠に形状が似ていることによる[1]

脚注[編集]

  1. ^ コトバンク - デジタル大辞泉(小学館)、大辞林(三省堂)の項を参照。

関連項目[編集]