特異点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特異点(とくいてん、singularity)は、ある基準 (regulation) の下、その基準が適用できない (singular な) である。したがって、特異点は基準があって初めて認識され、「 ー に於ける特異点」「 ー に関する特異点」という呼ばれ方をする。特異点という言葉は、数学物理学の両方で用いられる。

[編集]

  • 複素解析における正則関数の正則性 (regularity) に関する特異点とは、複素関数で微分不可能な点をさす。具体的には、可除特異点 (removable singularity)、 (pole)、真性特異点 (essential singularity) の3種の孤立点がある。有理関数 1/x に於ける特異点は、x = 0 であり、これは 1 位の極である。

関数の特異点[編集]

科学技術社会の特異点[編集]

関連項目[編集]