「集積点」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
(列収束空間の意味がはっきりしていなかったので、英語版へのリンクを日本語版へのリンクにするとともに、列型空間では不十分と思われるのでフレシェ・ウリゾーン空間に変更した。)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
この条件は[[T1空間| ''T''<sub>1</sub>-空間]]においては、''x'' の任意の[[近傍 (位相空間論)|近傍]]が ''S'' の点を無限に含むという条件に同値である(この条件は、もとの定義が「開近傍」を用いて集積点の判定を行うところを、開に限らない「一般の近傍」を使って行うことができるので、しばしば有用である)。
 
あるいは空間 ''X'' が[[列型空間#フレシェ・ウリゾーン空間|フレシェ・ウリゾーン空間]]の場合には、''x'' &isin; ''X'' が ''S'' の集積点であるための必要十分条件は、''x'' を極限に持つような ''S'' &#x2216; {''x''} の可算列が存在することである。それゆえ ''x'' は'''極限点'''と呼ばれる。
 
== 極限点の種類 ==
55

回編集

案内メニュー