「瓦葺き」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q10855730 に転記)
{{Redirect|瓦葺|[[埼玉県]][[上尾市]]の町名|瓦葺 (上尾市)}}
[[画像:Nabeshimayaki_Okawachiyama_Imari-shi_Saga-ken_PB110114.jpg|thumbnail|250px|瓦葺きの町並み(佐賀県伊万里市 [[鍋島焼]]の里)]]
[[ファイル:Yahatahachimanjo21.jpg|thumb|[[八幡山城]]の出土瓦]]
 
'''瓦葺き'''(かわらぶき)は、[[陶器]]製([[粘土瓦]])や[[]](石瓦)、[[セメント]](セメント瓦)[[金属]]製(銅瓦など)のものを用いた、全世界で行われている[[瓦]]を用いた[[屋根]]仕上げ。建材である瓦で屋根を葺いたもの。
 
== 瓦葺きの歴史 ==
[[茅葺]]屋根などに比べ耐水性・耐火性に優れるため、[[梅雨]]があり[[台風]]の多い[[日本]]では定着しやすかった。古くは、大陸から伝わった陶器製の[[本瓦]](平・丸瓦を組み合わせるもの)を用いた本瓦葺が主流で、古代から[[寺院]]に使われ、[[安土桃山時代]]以降は城、[[大名屋敷]]、[[土蔵]]に使われた。[[民家]]に導入されたのは[[江戸時代]]中期以降であるが、江戸時代後期になると[[倹約令]]の対象とされた。
[[ファイル:Yahatahachimanjo21.jpg|thumb|[[八幡山城]]の出土瓦]]
[[茅葺]]屋根などに比べ耐水性・耐火性に優れるため、[[梅雨]]があり[[台風]]の多い[[日本]]では定着しやすかった。古くは、大陸から伝わった陶器製の[[本瓦]](平・丸瓦を組み合わせるもの)を用いた本瓦葺が主流で、古代から[[寺院]]に使われ、[[安土桃山時代]]以降は城、[[大名屋敷]]、[[土蔵]]に使われた。[[民家]]に導入されたのは[[江戸時代]]中期以降であるが、江戸時代後期になると[[倹約令]]の対象とされた。
 
== 瓦葺きの特徴 ==
一般の[[住宅]]などでは、引掛桟瓦が標準的な瓦葺である。耐久・耐火・耐熱性を持ち、瓦一つ一つが容易に取り外しが可能なため、1枚が割れても取替えが可能で修理がしやすいが、強風や揺れなどに弱い。植物性の屋根材より重いため、屋根が重くなりやすい。
 
=== 引掛桟瓦 ===
引掛桟瓦は、明治初期に考案されたもので、元となった桟瓦の裏に桟木に引掛けるための突起がつき、瓦がずれるのを防ぐ役割をもつ。元々の桟瓦は坊主桟などとも呼ばれている。野地板の上に、[[アスファルトルーフィング]]などの防水材を張り、広小舞の上に瓦座、そこからほぼ等間隔に細い小材(瓦桟)を瓦のサイズに合わせて平行に打ち付け、その上に瓦を葺いていく。軒や螻羽(けらば)の瓦にはそれぞれ2枚通り以上1枚ごとに銅線か銅釘で野地板に固定する必要がある。棟には棟木に打ち付けた銅線を引っ張り出しておき、下から、のし瓦、ガンブリ瓦を順に乗せていき、予め出しておいた銅線で固定する。のしと平瓦が接する部分は、防水のため、面戸瓦や漆喰などで塞ぐ必要がある。
野地板の上に、[[アスファルトルーフィング]]などの防水材を張り、広小舞の上に瓦座、そこからほぼ等間隔に細い小材(瓦桟)を瓦のサイズに合わせて平行に打ち付け、その上に瓦を葺いていく。軒やけらばの瓦にはそれぞれ2枚通り以上1枚ごとに銅線か銅釘で野地板に固定する必要がある。棟には棟木に打ち付けた銅線を引っ張り出しておき、下から、のし瓦、ガンブリ瓦を順に乗せていき、予め出しておいた銅線で固定する。のしと平瓦が接する部分は、防水のため、面戸瓦や漆喰などで塞ぐ必要がある。
 
== その他 ==
[[画像:Youhen gawara.jpg|thumb|350px|[[窯変瓦]]の混ぜ葺き施工風景。一枚一枚、色彩が異なるので、配色を考えて施工する必要がある]]
* 「瓦葺き」という言葉は、仏寺を行う際の御所「[[伊勢斎宮]]」の[[忌み詞]]として使われた。
* 同一形状で、色調の異なる瓦を故意に混ぜて葺くことを、'''混ぜ葺き'''と呼ぶ。[[釉薬瓦]]や[[窯変瓦]]で施工されることが多いが、配色に注意が必要であるために手間暇がかかる。
 
== 関連項目 ==
*[[杮葺]]
*[[茅葺]]
 
{{Architecture-stub}}
{{DEFAULTSORT:かわらふき}}
[[category:瓦]]
[[Category:屋根]]
{{Architecture-stub}}
匿名利用者

案内メニュー