「烏帽子」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
:現在も神官などが着用する。金色のものは[[祭り]]に参加する[[稚児]]の衣装として現在も見ることができる。
*'''折烏帽子''':広義には立烏帽子を折ったものの総称。
:狭義には中世において髻巾子形の部のみを残して他をすべて折り平めて、動作に便宜なようにした烏帽子で、武士や庶民が使用した。室町時代末に形式化して、江戸時代には[[素襖]]着用の際の被り物になり、侍烏帽子とも呼ばれた。
*'''揉烏帽子'''
:薄布を用い、[[五倍子]]で染めたり軽く[[漆]]をかけて揉んだりして柔らかくした烏帽子。
匿名利用者

案内メニュー