「片岡仁左衛門」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[File:Nanatsu-wari Maru ni Ni-hiki inverted.jpg|thumb|100px|七つ割丸に<br />二引]]
[[File:Oikake Go-mai Ichō inverted.jpg|thumb|100px|追いかけ<br />五枚銀杏]]
'''片岡 仁左衛門'''(かたおか にざえもん)は、[[歌舞伎役者]]の[[名跡]]の一つ。[[屋号]]は[[松嶋屋]]。 [[定紋]]は[[:File:Nanatsu-wari Maru ni Ni-hiki inverted.jpg|七つ割丸に二引]]、[[替紋]]は[[:File:Oikake Go-mai Ichō inverted.jpg|追いかけ五枚銀杏]]。
 
十代目以降は「我童」と「我當」が交互に名跡「仁左衛門」継ぐ[[襲名]]するのが慣わしとなっている。
 
* [[片岡仁左衛門 (初代)|初 代 片岡仁左衛門]] - [[大坂]]の役者。[[敵役]]で人気を得た。<!--現片岡家の過去帳は4代目になっている。-->俗名を[[三保木儀左衛門]]<!--俳名を茶谷。-->
* [[片岡仁左衛門) (2代目)|二代目 片岡仁左衛門]]<!--[[生没年不詳]]--> - 初代の子。元[[片岡長太夫]]。
* [[片岡仁左衛門 (3代目)|三代目 片岡仁左衛門]]<!--(生没年不詳)--> - 初代の妹婿藤川繁右衛門が3代目の名跡を預かった。<!--実際には襲名せず、追贈される。一般的に三代目とする。-->
* [[片岡仁左衛門 (4代目)|四代目 片岡仁左衛門]] - 三代目の養子。二代目[[藤川半三郎]]が[[1747年延享]]四年 (1747) 冬から死去する[[1758年宝暦]]8月二年 (1758) 夏頃まで名乗ったという。<!--別名は藤川茶谷、茶谷伊右衛門。俳名は茶谷。-->
* [[片岡仁左衛門 (5代目)|五代目 片岡仁左衛門]]<!--(生没年不詳)--> - 四代目の養子。三代目藤川半三郎が継いだが[[1772年明和]]九年 (1772) 頃からその名が見えなくなる。
* [[片岡仁左衛門 (6代目)|六代目 片岡仁左衛門]] - 三保木儀左衛門が名跡を預った<!--ため、片岡家の6代目に数える-->。屋号は富枡屋。<!--俳名紫浪、素桐。-->武道・実事を得意とした。
* [[片岡仁左衛門 (7代目)|七代目 片岡仁左衛門]] - <!--途絶していた名跡を再興。-->
* [[片岡仁左衛門 (8代目)|八代目 片岡仁左衛門]] - 七代目の養子。
* [[片岡仁左衛門 (9代目)|九代目 片岡仁左衛門]] - 八代目の養子。
* [[片岡仁左衛門 (10代目)|十代目 片岡仁左衛門]] - 八代目の三男。
* [[片岡仁左衛門 (11代目)|十一代目 片岡仁左衛門]] - 八代目の四男、十代目の弟。明治中期の名優。[[片岡十二集]]を制定」の撰者
* [[片岡仁左衛門 (12代目)|十二代目 片岡仁左衛門]] - 十代目の子。
* [[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目 片岡仁左衛門]] - 十一代目の三男。[[人間国宝]]。
* [[片岡我童 (13代目)|贈十四代目 片岡仁左衛門]] - 十二代目の子・十三代目片岡我童に追贈。[[女形]]。
* [[片岡仁左衛門 (15代目)|十五代目 片岡仁左衛門]] - 十三代目の三男。前名片岡孝夫。
<br clear="all">
{{DEFAULTSORT:かたおか にさえもん}}

案内メニュー