「進学課程 (医歯学部)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
=== 進学課程設置 ===
 
その後、文部省が方針転換して旧制大学予科や理学部乙の短期大学への切り替えを求めず、医(歯)学部進学課程という名の修業年限2年の大学の設置を認めた。そこで1955年より、入学試験を受験せずに医歯学専門課程に自動的に進学できる進学課程に、ほとんどの大学で切り替わった。この制度改正の結果、2年制進学課程修了者は自動的に4年制専門課程へ進級できることになり、医学部および歯学部は6年連続制となった。なお東京大学では[[1962年]]より自動的に医学部に進学できる理科三類を設置したが、修了者の出る[[1963年]]までは[[理学部]]等の2年次以上修了者(卒業者も含む)を対象とする医学部進学のために入試が行われた。京都大学では[[1963年]]まで進学課程と医学部進学入試制度が並存した。各大学が進学課程を設置したのは、通常の理学部過程である理学部甲等からも医学部進学者が発生したため理学部教育に支障をきたし(具体的には優秀な学生が抜けてゆく)、批判が生じたからである。<ref>[http://dspace.lib.kanazawa-ukanazawau.ac.jp/dspace/bitstream/2297/3178/11/4sho.pdf]</ref>
 
==その後の展開==
[[1991年]]に学校教育法55条第2項が改正され、[[医学部]]・[[歯学部]]の入学資格を高校卒業とするとともに修業年限を6年とした([[6年一貫教育]])。進学課程は医学部・歯学部に吸収されていった(東京大学は2年(理科3類)+4年(医学部医学科)で前のまま)。これにより進学課程の担っていたリベラルアーツ教育の時間は大幅に減少した。このことは医歯学専門教育の時間数を増加させるものとして当時は歓迎されたが、その後、人間性に問題のある医師・歯科医師の存在をどうするかが教育現場で次第に意識されはじめ、いまは揺り戻しが始まろうとしているところである。
 
== 脚注 ==
<references />
 
==関連項目==
匿名利用者

案内メニュー