「進学課程 (医歯学部)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
=== 学制改革後の過渡期 ===
 
[[連合国軍最高司令官総司令部]]による[[学制改革]]で旧制医(歯)科大学が新制大学に転換された。[[1949年]]からの学制改革による新制切り替えに際し、医学部・歯学部の入学資格を、新制高校卒業生ではなく大学2年修了者で特定の要件(科目および単位が規定された)を満たすものとされた。多くの単科医科(歯科)大学は旧大学令による旧制大学予科を持っており、旧制では7年間連続教育を行っていた。そこでこの制度をそのまま残し、入学資格を新制高等学校卒業、修業年限を2年とした旧制大学予科を設置して「大学2年修了者」の要件を満たした。つまり新制高校を卒業すると各医科(歯科)大学の予科を受験して入学し、2年後に医(歯)学部入試を受験したのである。しかし、ある意味当然ではあるが、大学予科の入学試験によりすでに学生を選抜しているので、医(歯)学部入学試験は形骸化し、無条件(あるいは内部試験)で進学させる、6年連続教育が多くの単科大学で行われた。一方、旧帝大などの総合大学は、理学部の中に医歯学部を受験するコースである2年制の大学を「理学部乙」等の名称で設け、そこを修了した者が医(歯)学部入試を受験した。この制度では受験に失敗した医(歯)学部浪人が理学部内にあふれ、社会問題化した。そこで文部省は旧制大学予科や理学部乙を、[[リベラルアーツ]]のみを学ぶ短期大学に改組して医(歯)学部の入学資格を短大卒にしようと計画した。
 
=== 進学課程設置 ===
 
==その後の展開==
[[1991年]]に学校教育法55条第2項が改正され、[[医学部]]・[[歯学部]]の入学資格を高校卒業とするとともに修業年限を6年とした([[6年一貫教育]])。進学課程は医学部・歯学部に吸収されていった(東京大学は2年(理科3類)+4年(医学部医学科)で前のまま)。これにより進学課程の担っていた[[リベラルアーツ]]教育の時間は大幅に減少した。このことは医歯学専門教育の時間数を増加させるものとして当時は歓迎されたが、その後、人間性に問題のある医師・歯科医師の存在をどうするかが教育現場で次第に意識されはじめ、いまは揺り戻しが始まろうとしているところである。
 
==関連項目==

案内メニュー