牧良長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧 良長(まき よしなが、生没年未詳)は、美作三浦氏の家臣。河内。兄に牧尚春、弟に牧国信、子に牧藤介・牧藤蔵・牧左馬助がいる。

三浦貞勝に仕えていたが、永禄7年(1564年)12月15日に貞勝が三村家親に殺されたとき、宇喜多直家を頼って落ち延びた。同9年(1566年)2月、仇敵の家親が直家に殺されると、直家の支援のもとに貞勝の弟・三浦貞広を新当主として擁立して主家を再興するなど、三浦氏に忠誠を尽くした。