片岡鶴八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片岡 鶴八(かたおか つるはち、1917年7月7日 - 1988年7月13日[1])は、日本の声帯模写芸人。本名は片岡保夫。現在タレント・画家などで活躍する片岡鶴太郎は弟子、春一番 (お笑い芸人)は孫弟子にあたる。

息子は音楽家の片岡慎介[2]

来歴[編集]

長野県上田市出身、実家はハンコ職人。素人時代にNHKのど自慢ラジオ東京の「しろうと寄席」に出演し名を馳せる。自転車でハンコの配達中に肩の怪我で玄人に転身。玄人になってからは1957年より8代目桂文楽(「黒門町」)の一門で落語協会に属した。

芸名は「しろうと寄席」の審査員であった安藤鶴夫木下華声(2代目江戸家猫八)の「鶴」と「八」の字を貰った。

物まねのレパートリーは浪曲の節まね、歌手、政治家、評論家、歌舞伎俳優、映画俳優、動物のまねなど幅広かった。

1980年脳出血で引退。

参考文献[編集]

  • 「大正テレビ寄席の芸人たち」(東京堂出版、山下武、2001年)

[編集]

  1. ^ JLogos 片岡鶴八 CD人物レファレンス事典 日本編 昭和期
  2. ^ 片岡慎介 biomagazine公式サイト