片山光生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片山光生
生誕 1918年(大正7年)9月27日
日本の旗 愛知県名古屋市南区熱田
死没 (1985-08-16) 1985年8月16日(66歳没)
日本の旗 京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学工学部建築学科
職業 建築家
所属 建設省(-1973年)
→株式会社内藤建築事務所(1973-1983年)
→株式会社グリーン・アーキ研究所 設立(1983-1985年)
建築物 国立霞ヶ丘陸上競技場(旧国立競技場)
奈良県庁舎奈良県庁
奈良県立美術館
奈良県文化会館 ※基本
関西労災病院
大阪労災病院

片山 光生(かたやま てるお、1918年(大正7年)9月27日 - 1985年(昭和60年)8月16日)は、日本建築家。官庁営繕と民間の建築家として活躍。

国立霞ヶ丘陸上競技場(旧国立競技場)の建設に携わる。旧国立競技場の設計に当たっては当時「東大出の連中はセオリーに頼り、創造性がない」という角田栄チーフの意向により、設計チームが形成されたといわれる。片山は、角田の近畿地建時代の部下で[1][2]、二人とも京大卒だった[3]

参考文献[編集]

  • 『片山光生-その創造』 1985年12月20日発行、みくに書房
  • 『物語・建設省営繕史の群像<中>』 1988年6月発行、日刊建設通信新社、田中孝 ISBN 978-4930738059

脚注[編集]

  1. ^ tatsuoisoのツイート(341926411906457600) 磯達雄 7:36 - 2013年6月4日
  2. ^ 『物語・建設省営繕史の群像<中>』 日刊建設通信新社、田中孝
  3. ^ 「メディアが伝えない新国立問題」連載3 岡邦行日刊ゲンダイ、2015年8月)