熟田村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熟田村
廃止日 1954年3月31日
廃止理由 編入合併
熟田村(北西部) → 氏家町
熟田村(南東部) → 北高根沢村
現在の自治体 さくら市高根沢町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
塩谷郡
総人口 7,619
(1950年)
隣接自治体 塩谷郡氏家町阿久津町北高根沢村喜連川町片岡村
那須郡荒川村
熟田村役場
所在地 栃木県
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

熟田村(にいたむら)は栃木県の中東部、塩谷郡に属していたである。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、狭間田村、松山村、松山新田、箱森新田、鍛冶沢村、上野村、柿木沢村、柿木沢新田、伏久村、飯室村、文挟村が合併し塩谷郡熟田村が成立する。
  • 1954年(昭和29年)3月31日 氏家町北高根沢村へ分割編入する。
    • 狭間田、松山、松山新田、箱森新田、鍛冶沢、上野、柿木沢、柿木沢新田は氏家町へ編入する。
    • 伏久、飯室、文挟は北高根沢村へ編入する。

行政[編集]

  • 熟田村長
氏名 就任 退任 備考
1 阿見良作 1889年(明治22年)5月10日 1893年(明治26年)5月9日
2 坂本将作 1893年(明治26年)5月16日 1894年(明治27年)3月23日
3 鈴木良一 1894年(明治27年)3月30日 1896年(明治29年)8月12日
4 鈴木新 1896年(明治29年)8月24日 1900年(明治33年)8月23日
5 増形与左衛門 1900年(明治33年)8月24日 1903年(明治36年)3月25日
6 柄木田午吉 1903年(明治36年)5月15日 1903年(明治36年)8月6日
7 塚原貞一郎 1903年(明治36年)8月7日 1905年(明治38年)2月26日
8 小野敏夫 1905年(明治38年)2月27日 1909年(明治42年)2月26日
9 小野敏夫 1909年(明治42年)3月11日 1911年(明治44年)3月9日
10 大谷角次 1911年(明治44年)4月17日 1913年(大正2年)11月10日
11 塚原貞一郎 1914年(大正3年)1月26日 1916年(大正5年)1月19日
12 鈴木新 1916年(大正5年)3月6日 1920年(大正9年)3月5日
13 鈴木新 1920年(大正9年)3月6日 1923年(大正12年)3月5日
14 鈴木新 1923年(大正12年)3月6日 1923年(大正12年)3月27日
15 小野勘一郎 1923年(大正12年)4月27日 1926年(大正15年)3月18日
16 鈴木峯三郎 1926年(大正15年)5月18日 1930年(昭和5年)5月17日
17 鈴木峯三郎 1930年(昭和5年)5月18日 1931年(昭和6年)3月31日
18 植木圭一郎 1931年(昭和6年)6月1日 1935年(昭和10年)5月31日
19 青木義雄 1935年(昭和10年)9月19日 1939年(昭和14年)4月27日
20 大谷忠 1939年(昭和14年)6月16日 1940年(昭和15年)5月31日
21 鈴木寿 1940年(昭和15年)7月6日 1944年(昭和19年)7月5日
22 鈴木寿 1944年(昭和19年)7月6日 1945年(昭和20年)7月27日
23 野中長富 1945年(昭和20年)7月28日 1947年(昭和22年)1月31日
24 増形監物 1947年(昭和22年)2月1日 1947年(昭和22年)4月4日
25 増形監物 1947年(昭和22年)4月5日 1951年(昭和26年)4月6日
26 増形監物 1951年(昭和26年)4月23日 1954年(昭和29年)3月30日

出典:『栃木県町村合併誌 第一巻』, p. 217-218

交通[編集]

鉄道[編集]

参考文献[編集]

  • 『栃木県町村合併誌 第一巻』 栃木県、1955年4月。

関連項目[編集]