熊の鼻展望台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熊の鼻展望台から北を望む(2011年)

熊の鼻展望台(くまのはなてんぼうだい)は、岩手県下閉伊郡岩泉町にある[1]三陸海岸海岸段丘の景観を展望するために開設された展望台

概要[編集]

三陸復興国立公園の一角にあり、「熊の鼻」は海抜70mほどの展望台より北に望める。1985年昭和60年)に地方港湾に指定された小本港の南にある小さな半島が、に似ていることから、それを望める展望台ということでこの名がついた。「熊之鼻」と表記されることもある。所在地の地名を表すものではない。

「熊の鼻」は国道45号線からは見えないために、脇道に数百m入る必要がある。海岸近くのの上にあるため、防護柵、それと休憩用のベンチテーブルがあり、すぐ側に、赤茶色の屋根の一軒家ふうの公衆トイレがある。

設備[編集]

  • 休憩用ベンチ
  • トイレ

所在地[編集]

岩手県下閉伊郡岩泉町小本字本茂師

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯39度50分23.23秒 東経141度58分44.26秒 / 北緯39.8397861度 東経141.9789611度 / 39.8397861; 141.9789611