無線式入場券管理システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

無線式入場券管理システム(むせんしきにゅうじょうけんかんりシステム)とは、無線式の入場券顧客の入退場を管理するシステムのことである。

概要[編集]

入退場口には、複数のチェックゲートが設置する。各チェックゲートは無線式入場券の情報を読み書きする送受信機、各種情報を表示する表示機、入退場通路を開閉するドア等がある。複数のチェックゲートがホストコンピュータLANで構築されており、無線式入場券に記録された、顧客の入退場情報をホストコンピュータに格納することができる[1]

動作方式[編集]

顧客がチェックゲートに近づくと、無線式入場券の情報を読み取り、有効期限や券の種別判定を行う。入場券が有効であると判断した場合には、入場記録や通貨時間などを入場券に書き込み、ゲートのドアを開ける。入場券が無効であれば、警告とともにドアを閉じ、エラーメッセージを出力表示する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]