データ管理システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

データ管理システム: Data Management System、データマネジメントシステム)とは、以下の意味がある。

  • 一般用語としてデータを管理するシステム全般(郵送、バインダー、手作業などを含む)
  • コンピュータ(特にメインフレーム)の世界で、データを信頼性・整合性を持って通信し保管するシステムの総称

本稿では後者について説明する。

概要[編集]

データ管理システムは通常、以下の2種類のミドルウェアにより構成される。

これらは1980年代までは総称としてDB/DCと呼ばれたが、現在は個別に「DBMS」や「トランザクションモニター」などと呼ばれる場合が多い。特にDBMSは複数の製品から選択できる場合がある。またDB/DC全体で、専用の連携機能(現在で言うクラスタリングなど)を実装している場合が多い。

メインフレームにおける代表的なミドルウェア製品には以下がある。