炭酸ガスアーク溶接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

炭酸ガスアーク溶接(たんさんガスアークようせつ)とは、溶接工法の一種である。

概要[編集]

シールドガスに「炭酸ガス」を使うアーク溶接を、炭酸ガスアーク溶接と言う。通常半自動アーク溶接として使われる。一般的には、半自動溶接の一種と考えてよい。炭酸ガスアーク溶接のしくみについては、半自動アーク溶接の項を参照のこと。CO2溶接などと呼ばれることもある。

鉄系材料に使用され、アルミニウムなどの非鉄金属には用いることは出来ない。半自動溶接には、他にアルゴンを用いるマグ溶接ミグ溶接があるが、不活性ガスの高価な日本では、半自動溶接の中で、空気中の二酸化炭素から抽出出来る「炭酸ガスアーク溶接」が、最も一般的である。

一般に炭酸ガスでアーク溶接を行うと、不活性ガスを使うよりスパッタが多くなり、溶接外観が悪くなる。その一方で、炭酸ガスはアークと化学反応を起こすため、炭酸ガスとアークの間に反発力が発生し、アークが細くなる。そのため、熱エネルギーが集中し溶け込みが深くなると言われており、不活性ガスを使用可能でも、あえて炭酸ガス溶接を用いる場合もある。

安全性[編集]

炭酸ガスは、当然『二酸化炭素』の事だが、アーク放電の強烈な熱により、化学反応を起こし、一酸化炭素を生じる。従って、シールドガスに二酸化炭素を使う場合は、作業員が一酸化炭素を吸わない様、換気に注意しなければならない。

類似の溶接方法[編集]

関連項目[編集]