炎の戦線エル・アラメイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
炎の戦線エル・アラメイン
El Alamein - La linea del fuoco
監督 エンツォ・モンテレオーネ
脚本 エンツォ・モンテレオーネ
製作 リカルド・トッツィ
出演者 パオロ・ブリグリア
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
エミリオ・ソルフリツィ
音楽 ロベルト・ピチウッタ
撮影 ダニエル・ナンヌッツィ
公開 イタリアの旗 2002年11月8日
日本の旗 2004年1月17日
上映時間 117分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

炎の戦線エル・アラメイン』(ほのおのせんせん エル・アラメイン、原題:El Alamein - La linea del fuoco)は、第二次世界大戦で行われたエル・アラメインの戦いを題材にしたイタリア映画。2002年公開。

概要[編集]

1942年10月から行われた第二次エル・アラメインの戦いを、敗北したイタリア軍新兵の視点で描いたもの。戦争を題材にした映画だが、敵との戦闘シーンよりも偵察や敗走の描写に重点が置かれている。

あらすじ[編集]

使命感に燃える大学生のセッラは軍に志願し、北アフリカ戦線でイギリス軍と対峙しているパヴィア歩兵師団第27連隊に配属される。しかし着任早々近くを歩いていた伍長が砲撃で戦死してしまう。配属先の陣地も装備が不足し、満足な補給も受けられず、飲み水にさえ事欠く劣悪な環境だった。そんな中、日々の小競り合いで味方は次々と倒れていく。

そして敵の総反撃が開始されて味方は総崩れとなり、物陰に隠れて敵をやり過ごしたセッラは、砂漠に取り残されてしまう。そして、敵よりも恐ろしい砂漠の暑さと喉の渇きが、セッラに襲いかかる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

受賞[編集]

外部リンク[編集]