潘復

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
潘復
Pan Fu.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1883年11月22日
光緒9年10月23日)
死去: 1936年民国25年)9月12日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)北平市
出身地: 清の旗 山東省済寧州
職業: 政治家
各種表記
繁体字 潘復
簡体字 潘复
拼音 Pān Fù
注音二式 Pān Fù
和名表記: はん ふく
発音転記: パン フー
ラテン字 P'an Fu
テンプレートを表示

潘 復(はん ふく)は中華民国の政治家。北京政府最後の国務院総理である。馨航

事績[編集]

清朝の挙人で、地方官を歴任した後、1911年宣統3年)7月、山西巡撫陸鍾琦の幕僚となった。同年10月に辛亥革命が起き、陸鍾琦が殉職すると、潘復は帰郷し、靳雲鵬とともに、魯豊麺粉公司を経営した。

1912年民国元年)、南京臨時政府財政部で勤務し、同年4月には江蘇都督府秘書に任じられた。1913年(民国2年)1月、山東省に戻り、同省実業司司長に就任した。1914年(民国3年)11月、山東運河疏濬局籌備主任となる。1915年(民国4年)秋、故郷に戻って魯豊紡織廠を経営した。1916年(民国5年)5月、北京政府に招聘され、全国水利局副総裁(翌年、署理総裁)に就任した。

1918年(民国7年)冬、運河疏濬局副総裁となる。翌年12月に、靳雲鵬内閣で財政部次長に就任した。1920年(民国9年)5月、運輸局総裁となる。7月には署理財政総長にもなっている。8月、第2次靳雲鵬内閣で財政部次長兼塩務署督弁となった。1921年(民国10年)6月にも財政総長を代理した。同年12月にいったん辞職し、天津に寓居している。

1926年(民国15年)、河道督弁として政界復帰する。10月には署理財政部総長、翌年1月には交通総長に就任した。同年6月、張作霖の下で国務院総理兼交通総長となる。3月には関税自主委員会主席もつとめた。6月、中国国民党北伐に敗北して北京政府は崩壊し、潘復も張に従って奉天省に戻ろうとした。途中、張作霖爆殺事件が発生し、潘復も巻き込まれて負傷している。そのまま潘は張学良の下に赴き、易幟にも従った。一時は張の高等顧問もつとめたが、後に天津に再び寓居している。1936年(民国25年)9月12日、北平で病没。享年54(満52歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
 中華民国の旗 中華民国(北京政府)北京政府
先代:
李思浩
財政総長(代理)
1920年7月 - 8月
次代:
周自斉
先代:
顧維鈞
財政総長(署理)
1926年10月 - 1927年1月
次代:
湯爾和
先代:
顧維鈞
国務総理
1927年6月 - 1928年6月
次代:
(廃止)
先代:
顧維鈞
交通総長
1927年6月 - 1928年6月
常蔭槐が事務代理)
次代:
(廃止)