滝沢吉三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

滝沢 吉三郎(たきざわ きちさぶろう、慶応元年(1865年)1月 - 昭和22年(1947年)8月[1])は日本実業家。瀧澤地業(名)代表社員[2]東京府平民[3]。小穴製作所、南洋殖産会社各取締役[2]。東京キヤリコ、東京麻絲紡績各監査役[2]。二女富美江は東京大学名誉教授舞出長五郎の妻。

経歴[編集]

当家は累代埼玉県入間郡金子村に住し農業を営み、同地に於ける素封家として知られていた[2]。瀧澤音吉の二男[2]。明治25年(1892年)兄芳三郎方より分家する[2]

明治23年(1890年)東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業し、実業界に入り関東石材会社・日本海陸保険会社・三井銀行三井呉服店住友銀行に勤務[2]株式仲買人となったが、明治45年(1912年)これを罷め、日新護謨会社常務取締役に挙げられた[2]。大正10年(1921年)、滝沢地業合名会社を設立し、北海道・台湾・朝鮮で経営に当たった[1]

人物像[編集]

謡曲を能くし、書画の鑑定に一隻眼を有す[2]

家族・親族[編集]

滝沢(瀧澤)家[編集]

埼玉県入間郡金子村[2]、神奈川県中郡吾妻村[2]東京府[3]
  • 妻・しま(東京、半田庸太郎妹[3]
明治3年(1870年)4月生[3] - 没
  • 長女・よし[2](神奈川県人橋本富蔵長男榮三に嫁す[2]
明治26年(1893年)12月生[2] - 没
明治32年(1899年)3月生[2] - 没

脚注[編集]

  1. ^ a b 二宮町図書館 図書館だより 第50号
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下タ二三三
  3. ^ a b c d 『人事興信録. 7版』(大正14年)タ一九四