滝沢充子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滝沢 充子(たきざわ みつこ)は、日本演出家振付師

人物[編集]

桐朋学園芸術短期大学演劇科18期卒業後、商業演劇の演出助手を経て、桐朋で同窓生だった中村倫子と雑賀美佳(元タレント)とともに2001年に劇団「the Misfits」(ザ・ミスフィッツ)を立ち上げる。

1999年ハリウッド未公開映画「SHOGUN COP」にプロデューサーとして参加。

演技指導・メンテナンス法「Jメソッド」を提唱[1]。男女の出会いセミナーもおこなっている。

オペレッタ狸御殿で振付を担当。

生徒だった能年玲奈に対し「この仕事をしなければあなたは生ゴミ!」と言ったことから「生ゴミ先生」と自称する。能年はテレビ番組内で「52歳の友達」と滝沢を紹介。

能年玲奈と新事務所を立ち上げたことが東京スポーツにて報道され、洗脳疑惑が持ち上がった。報道した東スポに対し訴訟を起こした。

夫は漫画家の神崎将臣であり、同じく株式会社インクアンクに所属している。

著書[編集]

  • 『あなたのままで女優のように魅力的になる方法』(サンマーク出版、2014年11月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 滝沢充子 劇団「the Misfits」profile

外部リンク[編集]