滝元順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
滝元 順
生誕 (1951-08-05) 1951年8月5日(65歳)
愛知県北設楽郡津具村(現・設楽町))
職業 牧師伝道者

滝元 順(たきもと じゅん、1951年8月5日)は、日本の牧師愛知県牧師の息子として生まれる。現在、「全日本リバイバル甲子園ミッション」から始まった、日本のリバイバル運動の一翼を担うと共に、新城教会の牧師として働いている。さらに、「リバイ バル聖書神学校」の常任講師として、キリスト教指導者養成にも当たっている。また、霊的問題を扱う実践者として、多くの実を結んでいる。単立教会新城教会主任牧師。

経歴[編集]

  • 1951年 滝元明と滝元清子の長男として愛知県北設楽郡津具村(現・設楽町津具)に生まれる。
  • 1970年 ゴスペルグループ「グロリアシンガーズ」を結成する。
  • 1980年頃新城教会の副牧師に就任する。
  • 1992年 全日本リバイバル・ミッションの甲子園ミッションの事務の責任を担う。 
  • 1994年 リバイバル神学校開校時より「霊的戦いの諸相」を講義する。
  • 1999年 新城教会主任牧師に就任する
  • 2012年 リバイバル聖書神学校の「霊的戦い専門課程」の常任講師となる。

著書[編集]

  • 『主が立ち上がられた日』プレイズ出版、1996年
  • 『悪霊を捕虜とせよ』プレイズ出版 2001年
  • 『クリスチャンって最高だ!』プレイズ出版 2002年
  • 『人生街道53次』プレイズ出版 2002年
  • 『神の栄光を取り戻せ』プレイズ出版 2006年
  • 『霊的戦いと教会の問題解決力』地引網出版 2007年
  • 『The Day the Lord Arose(主が立ち上がられた日:英語版)』プレイズ出版 
  • 『주께서 일어서신 날(主が立ち上がられた日:韓国語版)』プレイズ出版

外部リンク[編集]