源有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源有
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上右馬頭
主君 清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 嵯峨源氏
父母 父:源信
兄弟 叶、、好、、任、昌、春尋
テンプレートを表示

源 有(みなもと の たもつ)は、平安時代前期の貴族嵯峨源氏左大臣源信の子。官位従四位上右馬頭

経歴[編集]

天安2年(858年清和天皇の即位に伴って従五位下叙爵し、貞観5年(863年)従五位上に叙せられる。貞観8年(866年)に発生した応天門の変において、父・信は嫌疑を受けて無罪となるも籠居し、貞観10年閏12月(869年2月)事故死する。その後、有は貞観12年(870年相模権守に任ぜられ、地方官を務める。

陽成朝では因幡守を務め、任期中の元慶6年(882年従四位下に叙せられる。光孝朝でも仁和3年(887年尾張権守に任ぜられるなど、引き続き地方官を務めている。のち、従四位上・右馬頭に至る。

官歴[編集]

日本三代実録』による。

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』

参考文献[編集]