満願寺 (京都市左京区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
満願寺
所在地 京都府京都市左京区岡崎法勝寺町130
山号 示具山
宗派 日蓮宗
本尊 釈迦如来
創建年 天慶3年(940年
開山 多治比文子
別称 岡崎の妙見さん
札所等 洛陽十二支妙見めぐり(辰)
文化財 満願寺 6棟(市指定文化財)
法人番号 4130005002132 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

満願寺(まんがんじ)は、京都府京都市左京区にある日蓮宗の寺院。山号は示現山(じげんざん)。

歴史[編集]

天慶3年(940年)、菅原道真の乳母であった多治比文子(たじひのあやこ)が道真を追悼するため西ノ京に建立した堂宇が起源とされる。道真自作の天満自在天像を安置し、当初は真言宗だった。

元禄10年(1697年)、宗遍が遠沾院日享(おんでんいんにっこう)に帰依し、日蓮宗に改宗した。

元禄13年(1700年)、東山天皇の勅願寺になる。

元禄15年(1702年)、現在地に移転した。現在の堂宇は宝永元年(1704年)までに建立されたものである。

旧末寺[編集]

日蓮宗は昭和16年に本末を解体したため、現在では、旧本山、旧末寺と呼びならわしている。

文化財[編集]

京都市指定文化財[1]
  • 本堂
  • 鐘楼
  • 手水舎
  • 表門
  • 文子天満宮拝殿及び本殿

俊寛の井[編集]

慶大に現存する名水。飲料不可[2]

参考資料[編集]

  • 日蓮宗寺院大鑑編集委員会『宗祖第七百遠忌記念出版 日蓮宗寺院大鑑』大本山池上本門寺 (1981年)

脚注[編集]

  1. ^ 京都市指定・登録文化財-建造物-左京区 - 京都市情報館
  2. ^ 小野芳朗『水の環境史「京の名水」はなぜ失われたか』(PHP新書) PHP研究所、2001年 p.206 ISBN 9784569616186

座標: 北緯35度0分53.8秒 東経135度47分12.1秒 / 北緯35.014944度 東経135.786694度 / 35.014944; 135.786694