満月の夜の伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

満月の夜の伝説』(まんげつのよるのでんせつ)は、ミヒャエル・エンデの小説。1989年7月11日から同月13日まで佐藤真理子の訳で『朝日新聞』に掲載された。

物語の類似[編集]

連載直後に読者からの投稿で既存の物語との類似を指摘された。

同年8月2日の夕刊7面には、「エンデは子ども時代に親しんだインドの民話の、ヨガ行者猟師の話にヒントを得ていたということで、盗作でない」という関連記事があった。これらの物語の起源が同じ可能性はあるらしいが、この件でエンデ本人のインタビューはなかった。

類似が指摘された物語(成立はこちらの方が早い)

八雲の作品に関しては、収集した物語を編集・翻訳したものという形式。先に成立していた『宇治拾遺物語』が収集対象の一つになっていたものと思われる。

類似点 ― エンデ作品の人物/その他の物語の人物

  • 登場人物が聖人(隠者/和尚・修行僧など)と悪人(悪事を働いた男/猟師)という組み合わせ。
  • 聖人をねらった獣が、聖なるもの(天使/普賢菩薩)に変化する。そのことを悪人が見抜いて、獣を退治して聖人を助ける。