湯川鶴章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

湯川 鶴章(ゆかわ つるあき、1958年昭和33年)[1] - )は、日本のITジャーナリスト時事通信社元編集委員で、同社公認ブログ「湯川鶴章のIT潮流」を執筆していた[2]。2009年で退社後は「TechWave」初代編集長、TheWave湯川塾・塾長を務めた[3][4]ニューズウィーク日本版でもコラムを持つ[5]

略歴[編集]

和歌山県に生まれる。大阪の高校を卒業後、渡米。カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。2000年(平成12年)5月、時事通信社編集委員に就任[3][4]国際大学GLOCOMのフェローを兼任[要出典]2009年(平成21年)12月末をもって時事通信社を退社。2010年(平成22年)1月より、ネットメディアとして「TechWave」を開設し編集長に就任。2013年から編集長を降り、学習コミュニティTheWave代表、TheWave湯川塾・塾長として活動する[3][4]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 湯川, 鶴章, 1958-”. Web NDL Authorities. 2017年9月23日閲覧。
  2. ^ 著者について”. ブログ・ジャーナリズム―300万人のメディア. Amazon.co.jp. 2017年9月23日閲覧。
  3. ^ a b c TechWaveについて”. TechWave. 2017年9月23日閲覧。
  4. ^ a b c プロフィール・著書”. 湯川鶴章(Tsukuri Yukawa) 公式サイト. 2017年9月23日閲覧。
  5. ^ コラム 湯川鶴章のテクノロジーフィクション”. ニューズウィーク日本版. 2017年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]