渡部芳造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
渡部 芳造
わたなべ よしぞう
生年月日 1861年5月27日
出生地 伯耆国会見郡渡村
(現鳥取県境港市渡町)
没年月日 (1936-03-07) 1936年3月7日(満74歳没)
出身校 山田方谷の塾
米子教員伝習所

衆議院議員
選挙区 鳥取県第3区
当選回数 2回
在任期間 1892年 -

渡村会議員
在任期間 1889年 -
テンプレートを表示

渡部 芳造(わたなべ よしぞう、文久元年4月18日1861年5月27日) - 昭和11年(1936年3月7日)は日本政治家。衆議院議員。

経歴[編集]

伯耆国会見郡渡村(現鳥取県境港市渡町)の豪商「灘渡部」の渡部茂八郎の一人息子として生まれる。同村の医師渡辺恭平について漢学を学び、次いで備中高梁の山田方谷の塾、米子教員伝習所等で修行を積んだ。

第1回衆議院議員総選挙で支援当選させた松南宏雅の後を継いで、30歳にして第2回衆議院議員総選挙に出馬当選、連続二期国会議員を務めた。

門脇重雄と渡部芳造[編集]

一方、明治25年(1892年)の第2回総選挙で現職の門脇重雄を破って当選した渡部芳造(渡村) は吏党系で、以後2人は選挙の度に争い議席を分け合った。第3回総選挙では門脇は機関紙「米子毎日新聞」まで出して雪辱を期したが、再び渡部に敗れた。渡部の勝因は、綿花輸入関税撤廃に反対する弓浜の有権者がこぞって渡部を推したため、と伝えられている。

明治35年(1902年)からは鳥取市を除く全県郡部が一選挙区となり、立憲政友会帝国党の時代を迎えた。門脇も政友会から立ったが、落選した。[1]

参考文献[編集]

  • 『境港市史(上巻)』昭和61年(1986年) 510-511頁

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『境港市史 上巻』昭和61年(1986年)、510頁

外部リンク[編集]