渡辺真良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 真良(わたなべ まさよし、1913年12月22日 - 2003年8月29日)は、広島県出身の実業家ゼットの実質的な創業者[1]

1931年大阪市立東商業高校卒業後、袋物を製造・販売していた父の事業・渡辺粱三商店を継ぐ[1]。スポーツ用品を順調に拡大させたが戦争で中断。軍需産業も手がけ、戦後はスポーツ用品に特化した[1]1950年に総合運動用品取扱商社として「渡辺運動用品株式会社」を設立。特に野球用品のグラブバットスパイクシューズの製造供給は、当時のプロ野球高校野球の復活に大いに貢献した[2]1967年「渡辺株式会社」と社名を変更。

野球用具を中心とした総合スポーツ用品メーカーとして事業を拡大、個人商店を一代で大証二部上場企業に育て上げた[1]1980年、現在の「ゼット株式会社」へ社名を変更、1986年まで社長を務めた。現在は二男・泰男が社長を務めている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本経済新聞、2003年9月12日朝刊5面
  2. ^ 日本会社史総覧、東洋経済新報社、1627頁

参考文献[編集]

外部リンク[編集]