清瀧千晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清瀧 千晴(きよたき ちはる、1986年8月5日- )[1]は、群馬県館林市出身のバレエダンサーである。

橘バレヱ学校を経て、牧阿佐美バレヱ団に所属。

略歴[編集]

3歳のとき、兄の習っていた教室に行き、バレエを始める[2]。後に橘バレヱ学校に進み、AMステューデンツ第23期生や日本ジュニアバレエに選抜される[2]。橘バレヱ学校では、小嶋直也の指導を受けた[3]

2003年群馬県立館林高等学校2年在学中に、全国バレエコンクール高校生の部で第3位、チャコットスカラシップ賞を受賞し、ボリショイバレエ学校へ奨学生として1年間留学した[2][4][5]2005年東京新聞主催第62回全国舞踊コンクール バレエジュニア部門第2位[3]2007年、第64回全国舞踊コンクール バレエ第1部で第1位。文部科学大臣賞受賞。この年、橘バレヱ学校を卒業してプロデビューを果たした。

2008年文化庁派遣研修員に選ばれて、同年9月から1年間ボリショイ・バレエ団で研鑽を積み、2009年秋に帰国した[5][6]。同年12月の牧バレヱ団公演『くるみ割り人形』では、初の主役を務めた[7]

主な受賞歴[編集]

  • 2003年 第6回NBA全国舞踊コンクール高校生の部第3位、チャコットスカラシップ賞。
  • 2005年 第62回全国舞踊コンクール バレエジュニア部門第2位。
  • 2007年 第64回全国舞踊コンクール バレエ第1部第1位。文部科学大臣賞。

脚注[編集]

  1. ^ Asami Maki Ballet hotline”. 牧阿佐美バレヱ団. 2017年9月8日閲覧。
  2. ^ a b c Fuji-tv ART NET:ダンサーって! 2011年12月18日閲覧。
  3. ^ a b ダンス・舞踊専門サイト(VIDEO Co.):CONCOURS:全国舞踊コンクール バレエ ジュニア部 1位・2位・3位受賞者 2011年3月20日閲覧。
  4. ^ 第6回NBA全国バレエコンクール チャコットスカラーシップ賞決定 ニュースリリース|会社情報|チャコット 2011年3月20日閲覧。
  5. ^ a b バレエ関心空間 ニュース 2011年3月20日閲覧。
  6. ^ MSN産経ニュース群馬版、2008年5月30日付[リンク切れ]
  7. ^ 09年年末に踊られた『くるみ割り人形』から Part 2 Chacott webマガジン DANCE CUBE ワールドレポート 世界のダンス最前線 From Tokyo 2011年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]