清水義高

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 義高(しみず よしたか、生年不明 - 永禄8年6月2日1565年6月29日[1])は、戦国時代の武将。最上氏の一族清水氏第5代当主である。

最上郡清水城主。清水家は最上家枝連衆の成沢家の庶家。最上川舟運の拠点清水を支配し、内陸進出を狙う武藤家から度々攻められた。永禄8年(1565年)、武藤氏に属した尾浦城主大宝寺義増と戦って敗れて討死した。

脚注[編集]

  1. ^ 『山形県史』第1巻