源義高 (清水冠者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
源義高
Minamoto no Yoshitaka.jpg
『英雄百首』(歌川貞秀画)
時代 平安時代末期
生誕 承安3年(1173年)?
死没 元暦元年4月26日1184年6月6日
別名 木曾太郎、清水(志水)冠者、義重、義基
墓所 鎌倉市 常楽寺(木曽塚・首塚)
氏族 清和源氏為義流(河内源氏
父母 源義仲中原兼遠の娘(巴御前[1]?)
兄弟 義高義重義基義宗
大姫

源 義高(みなもと の よしたか)は、平安時代末期の河内源氏の流れを汲む信濃源氏武将清水冠者(志水冠者)と号す[2]木曾義高とも。源義仲の嫡男。母は中原兼遠の娘[3](実名)は文献によって異なり「義高」は『吾妻鏡』の記述によるものである。『尊卑分脈』では「義基」、『平家物語』では「義重」となっているが他の史料との整合性や比較批評が必要である。説話的な題材や虚構も交えられていることもあり信憑性に乏しい。

経歴[編集]

寿永2年(1183年)、挙兵した父・義仲は以仁王の遺児・北陸宮を奉じて信濃国を中心に勢力を広げ、同じ源氏源頼朝とは独立した勢いを見せた。また頼朝と対立していた叔父の志田義広新宮行家を庇護した事により、3月には頼朝と義仲は武力衝突寸前となる。義仲が11歳の嫡子義高を人質として鎌倉へ差し出す事で、両者の和議が成立した。

義高は信濃の名族の子弟である海野幸氏望月重隆らを伴い、頼朝の長女・大姫の婿という名目で鎌倉へ下った(なお、義高と大姫は又従兄妹にあたる)。同年7月、義仲は平氏を破って入京する。しかし義仲はを治めることに失敗し、後白河法皇とも対立する。頼朝は都に源範頼源義経を代官とした義仲追討軍を派遣し、寿永3年(1184年)1月、義仲は宇治川の戦いで追討軍に敗れ、粟津の戦いで討たれた。

父・義仲が討たれたことにより、人質として鎌倉にいた義高の立場は悪化する。4月21日6月1日)、頼朝が義高を誅殺しようとしていることを知った大姫は、義高を密かに逃がそうとする。義高と同年の側近で、いつも双六の相手をしていた幸氏が義高に成り代わり、義高は女房姿に扮して大姫の侍女達に囲まれ屋敷を抜けだし、大姫が手配した馬に乗って鎌倉を脱出する。しかし夜になって事が露見し、激怒した頼朝は幸氏を捕らえ、堀親家ら軍兵を派遣して義高を討ち取るよう命じた。義高は4月26日6月6日)に武蔵国で追手に捕らえられ、入間河原で親家の郎党藤内光澄に討たれた。享年12。5月1日6月10日)に義高の残党が甲斐と信濃に隠れ、謀反を企てているとして信濃国に大規模な軍兵の派遣が行われた。

義高の死を知った大姫は嘆き悲しみ病床に伏してしまう。母の政子は義高を討ったために大姫が病になってしまったと怒り、義高を討った郎従の不始末のせいだと頼朝に強く迫り、6月27日8月5日)、光澄は晒し首にされた。

神奈川県鎌倉市常楽寺に義高の墓と伝わる塚(木曽塚)がある。

幸氏と重隆はその後も頼朝に仕えて鎌倉幕府御家人となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 武居用拙『岐蘇古今沿革志』(明治23年(1890年))
  2. ^ 冠者とは元服して間もない若者のこと。
  3. ^ 尊卑分脈』では義高の母を今井兼平の娘としているが、兼平は義仲と同年代の乳母子なので、義高の母は兼平の妹と推定される。

関連項目[編集]

  • 木曾氏
  • 清水八幡宮 - 義高が討たれたとされる地(現在の埼玉県狭山市入間川)に鎮座する神社。義高を祭神とする。
  • 清水丸館 - 存在については、『松本市史』(昭和48年発行)に載っている松本城普請の際の文書(降幡家文書)にみられる「清和源氏木曽義仲公没落之後、巴御前の清水丸御住所・・・」からもうかがい知ることが出来る。槻井泉神社(松本市清水)の辺りとも、地蔵清水(松本市役所)の辺りとも言われている。地蔵清水は松本城東北角に碑がある。地中から地蔵尊が出たため、松本市役所周辺を地蔵清水といった。地蔵は、舟型の後背を持った地蔵で現在松本市蟻ヶ崎生安寺境内に安置されている。文永3年(1187年)の銘が刻まれ、松本盆地で一番古い石仏。清水冠者義高の霊を慰めるために鎌倉から贈られたものではないかといわれている。伊豆石で造られていて、まったく同じ石仏が鎌倉にも一体ある。鎌倉亀ヶ谷切通しの手前の角に「岩船地蔵堂」がある。木造の地蔵が安置されているがさらに床下に石の地蔵があった。やはり舟型の後背を持った地蔵で、頼朝の娘「大姫」の守り本尊とされている。「岩船地蔵堂」は平成13年(2001年)に新しい堂に建て替えられ木造地蔵尊を前に石造地蔵尊をその奥に安置している。外から拝観できるのは、木造地蔵尊のみで石造地蔵尊を見ることはできない。