清水礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 礼子(しみず れいこ、禮子、1935年7月 - 2006年3月4日)は、日本の哲学者、哲学史研究者、青山学院大学文学部名誉教授。社会学者・評論活動で著名だった清水幾太郎の長女。子に、明治大学教授の清水真木

概略[編集]

スピノザ研究で知られる。1960年に東京大学文学部を卒業。1966年に東京大学大学院を単位取得満期退学。東京大学から、哲学の論文博士号を得ている。女子栄養大学を経て、1970年に青山学院大学専任講師、助教授、教授を経て同大名誉教授。日本哲学会などの学会に所属した。

著書・編著[編集]

  • 『破門の哲学-スピノザの生涯と思想』 みすず書房、1978年 のち新版
  • 「清水幾太郎著作集 (1〜19巻)」 責任編輯及び解題、講談社、1992〜93年
  • ジョン・デューイ「哲学の改造」 清水幾太郎共訳、岩波文庫、1968年
  • 「思想の歴史8.近代合理主義の流れ」 平凡社、1965年、共著