清水真理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 真理子 Wrestling pictogram.svg
個人情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1974-05-04) 1974年5月4日(44歳)
群馬県富岡市
スポーツ
競技 レスリング
大学チーム 東洋大学

清水 真理子(しみず まりこ、女性、1974年5月4日[1] - )は、日本レスリング選手である。群馬県富岡市出身[1]富岡東高等学校東洋大学卒業[1]

来歴[編集]

幼稚園時に2人の兄の影響でレスリングを始める[1]。中1だった1987年に国内初の女子レスリング大会である第1回オープントーナメントに出場。

大学卒業後、教員として埼玉栄高校にて3年間英語教諭及び女子レスリング部コーチとして赴任、選手として全日本選手権5回、ジャパンクイーンズカップ8回優勝、世界選手権も1997年と99年の2度銀メダルを獲得[1]。1999年の全日本選手権では自身のみならず女子レスリング部の教え子3人も入賞を果たした。

その後は地元群馬県に赴任。2003年まで全日本選手権17度連続出場[2]

現在は第一線から退き県内の高校で指導に当たる。館林高校の教え子にロンドン五輪銅メダリストの松本隆太郎がいる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 岡山俊明 (2003年10月22日). “スポーツNOW(10月22日付)レスリングの常識が変わった!女性コーチ1号誕生”. 日刊スポーツ新聞社. 2003年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月29日閲覧。
  2. ^ 浜口京子(8度目の優勝)、清水真理子(17度目の出場)が記録更新”. 公益財団法人日本レスリング協会. 2015年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]