松本隆太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 隆太郎 Wrestling pictogram.svg
Olympic Greco-Roman Wrestling 60 kg - Bronze Medal Match (1).jpg
ロンドン五輪で銅メダル獲得を決めた直後
個人情報
フルネーム松本 隆太郎
国籍日本の旗 日本
生誕 (1986-01-16) 1986年1月16日(36歳)
日本の旗 日本群馬県邑楽郡千代田町
身長168 cm (5 ft 6 in)
体重68 kg (150 lb)
スポーツ
日本の旗 日本
競技レスリング
種目男子グレコローマン60kg級
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング
オリンピック
2012 ロンドン グレコローマン60kg
レスリング世界選手権
2010 モスクワ グレコローマン60kg
アジア競技大会
2010 広州 グレコローマン60kg

松本 隆太郎(まつもと りゅうたろう、1986年1月16日 - )は、日本の男子レスリング選手。群馬県邑楽郡千代田町出身。群馬ヤクルト販売所属。弟の篤史は2018年の世界選手権フリースタイル92㎏級3位となった[1][2]

来歴[編集]

群馬県立館林高等学校日本体育大学体育学部体育学科卒。日体大院前期課程修了。

全日本選抜選手権では男子グレコローマン60kg級で2009年から現在まで3連覇している。

2010年レスリング世界選手権グレコローマン60kg級で銀メダルを獲得。

2011年レスリング世界選手権では翌2012年ロンドンオリンピックの日本の出場枠獲得を目指したが、初戦(2回戦)で欧州王者のレバズ・ラシヒ(グルジア)に敗退[3]

2012年3月、カザフスタンのアスタナで開催された五輪アジア予選に挑み、決勝戦に進出して五輪出場権を獲得。

2012年8月6日、ロンドンオリンピックグレコローマン60kg級に出場。準決勝まで勝ちあがり、金メダルを獲得したオミド・ノルージ(イラン)に敗れたものの、3位決定戦でアルマト・ケピスパエフ(カザフスタン)にフォール勝ちし、銅メダルを獲得[4]。ロンドンオリンピックのレスリング日本勢で最初のメダルであり、男子勢のメダル獲得を15大会連続に伸ばした。グレコローマンに限ればシドニーオリンピック以来3大会ぶり[5]

2015年時点では選手のセコンドを務めていたりもする[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]