清水泰次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 泰次(しみずたいじ 、1890年 3月19日- 1960年4月13日)は日本東洋史学者。

経歴[編集]

明治23年(1890年)、新潟県に生まれる。東京大学文学部東洋史学科卒業。早稲田大学教授、東京文理科大学教授をつとめる。中国明代の社会経済史を専攻し,「明代土地経済史の研究」「中国近世社会経済史」などをあらわす。昭和35年(1960年)4月13日死去。享年70。

著書[編集]

  • 支那の家族と村落の特质 文明協会 1927年
  • 東洋史教授参考资料 文学社 1927年
  • 支那の家族と村落 文明協会 1928年
  • 東洋史綱要 文学社 1929年
  • 明代史 平凡社 1935年
  • 東洋近世史 建文館 1940年
  • 東洋史講演 早稲田大学出版部 1943年
  • 東洋史原論 早稲田大学出版部 1950年
  • 中国近世社会経済史 西野書店 1950年

参考文献[編集]

  • 『清水博士追悼記念 - 明代史論叢』、東京:大安株式會社、1962年。