清木元治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清木 元治(せいき もとはる、1949年1月28日[1]- )は、日本の分子生物学者東京大学名誉教授。専門はがん細胞の増殖に関する研究。現在は、分子生物学を背景にしたプロテアーゼ研究を行っている。医学博士。山口県下松市出身[2]

経歴[編集]

  • 1973年 金沢大学薬学部卒業。
  • 1977年 大阪大学大学院薬学研究科修士課程修了。
  • 1980年 日本学術振興会大学院特別奨励研究員。
  • 1981年 金沢大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。論文の題は「Structure and function of the region of the replication origin of the Bacillus subtilis chromosome」[3]
  • 1982年 財団法人癌研究会がん研究所研究員。
  • 1986年 財団法人癌研究会がん研究所主任研究員。
  • 1988年 金沢大学がん研究所教授。
  • 1997年 東京大学医科学研究所教授。
  • 2005年 東京大学医科学研究所副所長。
  • 2007年〜2011年 東京大学医科学研究所所長。
  • 2013年 東京大学名誉教授。
  • 2013年 高知大学医学部付属病院 次世代医療創造センター特任教授
  • 2015年 金沢大学招聘特任教授(リサーチプロフェッサー)。

経歴に関する参照

受賞・受章[編集]

著書[編集]

  • 癌の悪性化と転移(中外医学社)1993年
  • 癌転移の分子医学(羊土社)1996年

脚注[編集]

  1. ^ 第22回吉田富三賞
  2. ^ 平成25年度学術賞受賞者
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ “704人26団体 紫綬褒章に映画監督の周防正行さん、囲碁棋士の石田芳夫さんら”. 産経新聞. (2016年4月28日). http://www.sankei.com/life/news/160428/lif1604280007-n2.html 2016年4月28日閲覧。