深爪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深爪(ふかづめ)とは、先の皮膚及び爪床を露呈するほど爪を切ってしまった状態。 爪床は毛細血管が集積する部分であり、外傷及び感染に敏感で、深爪とはそれを露呈することとなる。

深爪による発症としては化膿性爪囲炎(ひょう疽)が挙げられる。 ひょう疽を発症すると、早期の場合は消毒と抗生物質の塗り薬等で治まるが、数日放置した場合は最悪爪の一部及び全てを切断(除去)し、消毒、抗生物質、ガーゼ等で保護、細菌類が一切入らないように隔離する必要がある。 爪を除去する場合は通常麻酔を打つが、麻酔が切れた後1〜2日程激痛が襲う。また外観として、爪床が赤く腫れ上がる。爪を全て除去した場合は爪が完全に再生するまで、歪な爪が伸びることがある。

なお、深爪は陥入爪巻き爪の原因ともなることがある。

関連項目[編集]