深セン通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
深圳通
各種表記
繁体字 深圳通
簡体字 深圳通
拼音 Shēnzhèntōng
発音: シェンジェントン
日本語読み: シンセン-つう
テンプレートを表示
本来の表記は「深圳通」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

深圳通(シンセン-つう)は、中華人民共和国広東省深圳市で使用されている非接触型ICカード。元々は乗合バスのプリペイドカードとして発行されたが、2004年12月28日深圳地下鉄の開通後は、地下鉄にも乗れる新型カードが発行された。2005年末には、深圳通有限公司が唯一の発行主となり、一部のタクシーへの乗車、商店での買い物にも用いられるICカードに変わった。

将来は、駐車料金、水道電気ガスなど公共料金、家賃、公共施設使用料の支払いも可能になる。また、香港八達通(オクトパス)広州市羊城通との相互使用も検討されている。特にオクトパスとの相互利用に関しては、ここ数年間継続して協議が行われている。当初は人民元香港ドルの決済がネックであった[1]。しかし、CEPAが締結された2003年以降、両通貨の決済方法が整備され、この問題はほぼ解決されている。また、技術的な障害もほとんどないとの報道もされている[2]。さらに、深圳市は香港と深圳市の一体化を推進する立場から積極的である[3]。ところが、香港政府は必ずしもそうでなく、協議は未だ初段階に過ぎないと表明している[4]

券種[編集]

深圳通会社は深圳地下鉄深大駅に「互通行」を推広している。圖の上方は深圳だけに発行された深藍色の普通版「互通行」で、下方は香港だけに発行された橘黄色の普通版「互通行」である。
  • 租用版カード
  • 銷售版カード
  • 特殊優惠カード
  • 銀行連名カード
  • 紀念カード
  • 企業個性カード
  • ミニカード
  • 携帯電話深圳通(中国移動中国聯通
  • 「互通行」カード(深圳通・八達通二合一連名カードで、人民元香港ドル双口座)

用途[編集]

交通[編集]

  • 市内地下鉄
  • 市内公共バス
  • 市内部分タクシー
  • 市内部分駐車場

スーパー[編集]

コンビニ[編集]

レストラン[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「八達通可望通深圳 深圳通也将可在港使用 両地共識技術可行」『香港商報』2003年11月08日
  2. ^ 「深港地鐵卡兼容技術無障礙 一卡通深港將成現實」『人民網』2006年01月09日
  3. ^ 「深圳提出加緊與港融合計劃」『大紀元』2003年3月2日
  4. ^ 「立法會十六題:港深八達通互用計劃」『香港政府新聞報』2006年6月28日
Iccard-icon.svg
深圳通有限公司 発行
ICカード乗車券

カテゴリ