浮田正忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浮田 正忠(うきた まさただ、延宝1年(1673年) - 正徳2年10月12日1712年11月10日))は、江戸時代中期の人物。八丈島に配流となった宇喜多一族。通称は、次郎、忠平。父は宇喜多秀正。子に正寿正道。兄に秀親

生涯[編集]

延宝1年(1673年)、宇喜多嫡家(孫九郎家)の当主宇喜多秀正の次男として生まれる。

浮田忠平家として分家がなされるも、正徳2年(1712年)、島内で大流行した天然痘により死去。享年40(戒名、深与了意信士)。

参考文献[編集]