宇喜多秀種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
宇喜多秀種
時代 江戸時代 後期~明治時代
生誕 文政11年(1828年
死没 不明
別名 通称:倉三郎、継種、孫九郎
氏族 宇喜多氏
父母 父:浮田継朔、母:リカ(百助の娘)
養父:宇喜多秀邑
兄弟 浮田継安秀種、ヨサ(浅沼増之助の妻)、トク(浮田継恒の妻)
豆(秀太郎の娘)、ユセ(奥山権四郎の娘)
秀待、音松、小春、ツヨ、タメ、クニ
養子:秀監

宇喜多 秀種(うきた ひでたね)は、江戸時代後期の人物。浮田継朔の次男。

生涯[編集]

文政11年(1828年)、八丈島に配流された大名・宇喜多氏の分家・浮田半六家に生まれる。

天保15年(1844年)、秀邑の死去を受け、急遽、宇喜多嫡家(孫九郎家)に養子となり家督を継ぐ。

後に、孫九郎家の家督を秀監(秀邑の弟)に譲り、自らは実家に戻り半六家の家督を継ぐ。

慶応3年(1867年)、宇喜多秀親が宗福寺に奉納した宇喜多秀親の木像を、宗福寺より返還を受ける(孫九郎家は受け取りを辞退したため)。

明治元年(1868年)、明治政府の恩赦により宇喜多一族は赦免され、明治3年(1870年)8月11日、宇喜多7家と村田家1家、計71名で八丈島を出帆する。

東京での生活は、前田氏が板橋の前田家下屋敷に長屋を建て、衣食住の全面的な取り計らいを受ける。

明治6年(1873年)、明治天皇より板橋に19900坪の宅地を下賜され、さらに前田家から金1000両を贈与を受け、宇喜多7家・村田家で分配し農業をもって自立する。

その後、浮田半六家は土地を売り払い、伊豆大島の泉津村に移住する。

参考文献[編集]