浮きこぼれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浮きこぼれ(うきこぼれ)とは学校用語である。一般的には、生まれながらにして高い知能を有していたり、通などによって高い学力を身に付けたり、もともと学習意欲が高かったりする、極めて優秀な児童、生徒が、通常の学校の授業内容に物足りなさや疎外感を持ったり、実際に他の生徒から疎外されたりすること。吹きこぼれとも言う。学業不振の生徒を「落ちこぼれ」というが、それの対義語として使われる。

浮きこぼれの原因と結果[編集]

学習指導要領の内容の削減による教育内容の簡素化、早期教育を含む通塾による先取り学習、多様な生徒の能力に対応しない画一的な一斉授業などが主な原因とされる。授業がつまらなく感じるために学級崩壊不登校の原因になることもある。またいじめの加害・被害の遠因となる場合もある。学習塾の高度な内容に適合したために浮きこぼれた生徒は、学校の授業よりも塾の授業が楽しくなり、それが一層学校離れを進める。

首都圏や近畿圏などの中学受験が盛んな地域では、受験を目指して進学塾に通う生徒と、そうでない生徒の意識や学力のずれが、新たな問題として浮上している[要出典]

対策[編集]

米国などの諸外国では飛び級や、マグネットスクール[1](磁石のように生徒をひきつけるところから)という、生徒の才能を伸ばすための学校などの、早期教育ギフテッド教育の諸制度があるため、浮きこぼれが大きな問題になることはあまりない。

日本ではそういった制度がほとんどなく、高度・個別的カリキュラム国立私立の小中学校に入学することくらいしか対策がない。

補足[編集]

  1. ^ ただし、マグネットスクールは英才教育というよりは、地域の優秀な子ども達に適切な教育を与えるために存在する特殊クラスというように捉えた方が良い。例えば、大学の取得単位を高校在学時に取得可能にするといった優遇措置が採られている。但し、これはアメリカにおける大学生の取得単位が国家レベルで標準化されているために可能である点を付け加えておく。
    また、アメリカの公立教育では所謂エリート校はなく、その地域の学校にマグネットのような特殊コースを設けている。

関連項目[編集]