浦風林右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦風 林右エ門(うらかぜ りんえもん、天保12年(1841年) - 明治36年(1903年8月9日)は、越中国射水郡(現在の富山県射水市)出身で明治期に活躍した元大相撲力士。本名は藤井 政次郎→藤井 林右衛門→浦風 林右衛門。所属は浦風部屋。最高位は関脇[1]

略歴[編集]

  • 1861年万延2年)2月 浦風部屋(師匠:元幕内谷嵐市藏)から初土俵を踏む。
  • 1869年(明治2年)11月 新十両。
  • 1872年(明治5年)4月 新入幕。年寄浦風を現役のまま襲名。
  • 1877年(明治10年)1月 関脇に昇進。
  • 1885年(明治18年)5月 現役引退。
  • 1903年(明治36年)8月9日 死去。

主な成績[編集]

  • 幕内戦績:74勝64敗61分10預61休(27場所)

四股名変遷[編集]

  • 朝ノ川 ? 1861年2月場所 - ?
  • 浦湊 林右エ門(うらみなと りんえもん)? - 1871年11月場所
  • 浦風 林右エ門(うらかぜ -)1872年4月場所 - 1885年5月場所(年寄としては1903年8月)

関連項目[編集]

 出典 [編集]

  1. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709