浜本満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

浜本 満(はまもと みつる、1952年10月 - )は、日本文化人類学者。一橋大学名誉教授。専門はアフリカ文化研究。儀礼占いを理論的に分析する。東大で吉田禎吾らの指導を受けた。指導学生に梅屋潔神戸大教授など。

学歴[編集]

  • 1975年 - 東京大学教養学部教養学科卒業。
  • 1977年 - 東京大学大学院社会学研究科文化人類学専攻修士課程修了。
  • 1978年 - ノースウェスタン大学大学院留学。
  • 1982年 - 東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
  • 2000年 - 一橋大学博士(社会学)。

職歴[編集]

  • 1982年 - 福岡大学人文学部講師。
  • 1984年 - 福岡大学人文学部助教授。
  • 1991年 - 一橋大学社会学部助教授。
  • 1995年 - 一橋大学社会学部教授。
  • 2000年 - 一橋大学大学院社会学研究科総合社会科学専攻教授。
  • 2005年 - 九州大学大学院人間環境学研究院教授。
  • 2016年 - 一橋大学名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『秩序の方法―ケニア海岸地方の日常生活における儀礼的実践と語り』弘文堂、2001年
  • 『信念の呪縛―ケニア海岸地方ドゥルマ社会における妖術の民族誌』九州大学出版会、2014年

共編著[編集]

訳書[編集]

  • リュック・ド・ウーシュ『アフリカの供犠』みすず書房、1998年
  • ジェイムズ・クリフォード『文化の窮状―20世紀の民族誌、文学、芸術』人文書院、2003年